プロの鋭い眼光による審査|相続の手続きを一環して任せよう

男女
メンズ

払いすぎた利息返還請求

過払い金を請求するなら、時効がありますので完済日から10年以内となっているのではやめに請求をします。また、請求手続きをするのであれば完済をしてからのほうが事故情報も登録されずに手続きができるのでメリットが多いです。

金持ちだけの話ではない

紳士

対策は色々取れる

最近相続税の大改正により相続は一部の金持ちだけの話ではない、という報道などが頻繁になされました。確かに税金が発生するかは別の話で、誰かが死ぬと相続が発生します。そこで遺産争いに発展するケースも多いのですが、これは資産家よりも一般家庭の方が起こりやすいです。例えば相続人は子供2人、資産は実家だけの場合、1人しか家を受け取れず、もう1人に不満が生じ争いに発展する、という訳です。ただし生命保険などで金銭資産を用意したり、遺言書を書いたりすれば防げる可能性があります。他にも相続が発生する前なら取れる対策もたくさんありますので、少しでも不安がある場合は弁護士に相談した方が良いでしょう。法律にのっとったアドバイスを受けられますし、自分たちも勉強になります。

他の専門家ではダメか

相続を取り扱う専門家は弁護士、司法書士、行政書士と色々いますが、その中でなぜ弁護士なのでしょうか。まず最もたる特徴として「本人の代理人として行動できる」ことでしょう。裁判になった場合は代理人として出廷してくれますし、相手との交渉もしてくれます。これは他の専門家と比べて安心感がちがいます。もちろん面倒で難しい手続きもしてくれます。トラブルにならなそうだからと思って行政書士や司法書士に依頼したけれど、結果トラブルが発生し弁護士に依頼せざるを得なくなった、というパターンも少なからずあります。そのため行政書士や司法書士は完全に話がついていて、後の面倒な手続きを任せたいという場合に依頼すると良いです。プロの鋭い眼光による審査なら安心して任せられるでしょう。

男の人

払い過ぎた金利を取り戻す

過払い金請求というのは、かつて消費者金融では法定以上の金利がつけられていたため、その払い過ぎの分を取り戻すために起こったものです。今でも最終取引から10年以内であれば請求が可能です。また、弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズにことが運びます。ちなみに、請求のみであればブラックはつきません。

ウーマン

遺産分割で慌てないために

相続争いは一部の金持ちだけの話ではなく、むしろ一般家庭の方が起こりやすい問題です。お金と個人の感情、個々の家庭状況などが複雑に絡み合った難しい問題になるので、少しでも早く解決しようと思ったら弁護士に相談したほうが良いでしょう。

Copyright © 2017 プロの鋭い眼光による審査|相続の手続きを一環して任せよう All Rights Reserved.